スタートアップ大国インドからの現地情報配信開始!

スタートアップ大国インドからの現地情報配信開始!

クロスユーラシアでは、エストニアのスタートアップ情報を中心に記事を執筆してきましたが、今回から隠れたスタートアップ大国であるインドの現地情報も配信します!

インドのシリコンバレーと呼称されるベンガルールに在住している永田賢から現地のリアル情報とスタートアップ情報を定期的に配信する形態となります。

第一回目の今回はインドのシリコンバレーであるベンガルールについて解説していきます。

1.都市としてのベンガルール(歴史編)

ベンガルール(旧名バンガロール)は旧マイソール王国の夏の離宮があった南インドの中心都市のひとつです。19世紀において、大英帝国が南インドに侵攻してきた際には複数回のマイソール戦争で大英帝国を苦しめ、結果負けるものの、間接統治という形で王国を保った経緯があります。

*Bangaloreは英語表記であり、Bengaluruは現地語であるカンナダ語となっている。ベンガルールへの名称変更は2014年に実施。

そのため、大英帝国としてもマイソール王国を監視するため、ベンガルールに駐屯地を置き、歩兵連隊等を設置して軍事拠点化していました。独立後、ベンガルールはインドにおける軍事拠点となるとともに、デカン高原に守られた内陸部ゆえに侵攻しづらいという利点を活かして人工衛星、軍事技術の開発が進められました。

そのため、インド国内から優秀な人材が集められ研究開発拠点の素地が出来上がっていきました。並行してインド政府のコンピュータ産業促進政策も相まって徐々にコンピュータ産業の集積地としての体裁が整っていったのです。

**‘India’s Silicon Valley or Silicon Valley’s India? Socially Embedding the Computer Software Industry in Bangalore’’’Balaji Parthasarathy, 2004より参照

更に、2000年代初頭のY2K問題に端を発してベンガルールはオフショア拠点として、アメリカ本国との時差を利用したオフショア開発が推進され、よりテクノロジー都市としての性格を帯びていきました。

***コンピュータの数値認識が下二ケタで認識されていたので、2000年の数値が00と認識されて、1900年と混同されて、コンピュータの誤作動が起こるとされた問題:「Y2K は起ったか?: コンピューター西暦 2000 問題とデジタル・ネットワーキング」(千川、2001年)より引用

昨今ではGAFA(Google, Amazon, Facebook,Apple)はもちろんのこと、IBM、ORACLE、BMW、Microsoftといった名だたるテック企業がイノベーション創出のための「研究開発拠点」をバンガロールに集中させており、アメリカ合衆国のシリコンバレーと並び称され、「インドのシリコンバレー」としての地位を確立しつつあります。

研究開発拠点の集中に伴い、IT業界を中心として、インド全土から優秀層が集い、スタートアップを立ち上げ、ファンド・各国からのアクセラレーターも集まり、多様なエコシステムが形成されています。

IT企業集積地帯の写真。IT企業が集まる地域には高層ビルが発展しており、その周りをスタートアップ企業が囲む形でエコシステムが発達しています。

(ベンガルール写真/永田撮影)

2.ベンガルールの一般情報

【基本情報】

(各種統計資料、発表より永田作成)

3.ベンガルールのスタートアップ概況

ベンガルールはインドのスタートアップシーンの源流とも呼べる位置付けにあると言えます。というのも、インドを代表するユニコーンや大手企業の創業場所がバンガロールに多数集中しているからです。例えば、インドを代表する製薬会社の「Biocon」も元々は、バンガロールのコラマンガラ(Koramangala)の小さなガレージから1978年に始まった会社でした。

****Biocon, 欧米向け約120か国向けにジェネリック医薬品を製造販売、インド最大手。Ms. Kiran Mazumdar-Shawが創業。https://www.biocon.com/

こちらがインドのユニコーン企業リストとなりますが、ベンガルールに本社を置く会社の割合がデリー首都圏に次いで多くなっています。

【インドのユニコーンリスト】

NoCompany NameValuation ($B)HQCategory
1One97 Communications$16.00NoidaFintech
2BYJU’S$10.50BengaluruEdtech
3Oyo Rooms$10.00GurugramTravel
4Snapdeal$7.00New DelhiE-commerce & direct-to-consumer
5Ola Cabs$6.32BengaluruAuto & transportation
6Swiggy$3.60BengaluruSupply chain, logistics, & delivery
7Udaan$2.30BengaluruSupply chain, logistics, & delivery
8Zomato$3.25GurugramInternet software & services
9ReNew Power$2.00GurugramOther
10BillDesk$1.90MumbaiFintech
11Pine Labs$1.60NoidaFintech
12Delhivery$1.50KanahiSupply chain, logistics, & delivery
13PolicyBazaar$1.50GurugramFintech
14Hike$1.40New DelhiMobile & telecommunications
15FirstCry$1.20PuneE-commerce & direct-to-consumer
16Lenskart$1.50FaridabadE-commerce & direct-to-consumer
17InMobi$1.00BengaluruMobile & telecommunications
18Dream11$1.00MumbaiInternet software & services
19BigBasket$1.00BengaluruSupply chain, logistics, & delivery
20Ola Electric Mobility$1.00BengaluruAuto & transportation
21Rivigo$1.07GurugramSupply chain, logistics, & delivery
CB Insights “The Complete List Of Unicorn Companies” , https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies より筆者作成。

更に、これらのユニコーンリストに加えて、もうすぐユニコーンになるスニコーンも多く見られます。

これからインドのユニコーン企業を始め有望なスタートアップ企業群をご紹介していきます!

定期的な情報更新が欲しい方はこちらからメールマガジンを登録お願いします!

インドスタートアップカテゴリの最新記事