露出を最大化することを目的としたリアルタイムの広告トレーディングプラットフォーム!

露出を最大化することを目的としたリアルタイムの広告トレーディングプラットフォーム!

 AdTechという業界は、日本ではあまりまだ流行ってないようなイメージがある。
 アドテック東京、というのは聞いたことあるが、一般的ではないだろう。

 エストニアからはAdTechというジャンルにおいて、今一番勢いのあるスタートアップ企業、AdCashが生まれている。

よりターゲットを絞られたアプローチが可能な「Google Adsense」

よりターゲットを絞られたアプローチが可能な「Google Adsense」といったモノということを前回学びました。

ざっくり、少し雑だけど、簡単にイメージしやすく説明するとそうだね。

AdCashは現在、どのような広がりを見せているのでしょうか?

Adcashは、エストニアのタリンに拠点を置く世界的な広告プラットフォームだ。 Adcashプラットフォームは、100,000を超えるWebサイトのネットワークを通じて、毎日何億人ものユニークな訪問者に広告コンテンツを配信しているよ。

かなり巨大なプラットフォームに成長しているんだなあ。

Adcashはさまざまな企業にサービスを提供しているが、最大のクライアントはなんとオンラインゲーム開発会社なんだ。 合計で、Adcashは世界249の国と地域に展開している。

AdCashのはじまり

AdCashはどのようにして始まったのでしょうか。

Adcashは2007年にChristophe AvignonとWebinfluence Group ASの共同設立者であり所有者であるThomas Padovaniによって設立され始まったんだよ。

どちら様ですか?

元々フランス出身のパドヴァニは、エストニアに新会社Adcashを設立するために来て、最初はタリンの彼のアパートのキッチンからそれを経営していたらしい。

アパートのキッチンがはじまりなんですね!

同社は直接投資なしでゼロから構築され、最初の販売契約は直接販売を通じて得られたんだって。

地道な活動をしていたんだなぁ。。。(おれも見習わないとなw)

そして、Adcash Advertising Networkは、2011年にAdcash OÜという独立した会社として独立。WebinfluenceGroup ASの子会社になる。現在、Adcashはブルガリア、スペイン、メキシコ、フランスに支社があるんだ。

海外にも展開し、スケールがどんどん大きくなっていますね!

2019年現在での従業員数は約90人で、2013年(ちょっと古くてすまん!)の時点での売り上げは$25 millionということらしい。

まとめ

 AdCashはエストニア内でも数少ないAdTech業界を引率するスタートアップ企業だ。
 現在は、世界への進出を成功させているAdCashだが、元々はアパートのキッチンから始まった。
 地道な努力により作られたサービスとビジネス基盤を持つAdCashの今後の活躍に目が離せない。

エストニアスタートアップカテゴリの最新記事