勢いのあるエストニアスタートアップの国外移動の可能性とは?

勢いのあるエストニアスタートアップの国外移動の可能性とは?

 エストニアはスタートアップ界隈で、最も勢いのある国である。
 そして、エストニアからは数々のスタートアップが生まれては消え、その循環はもはや文化にまで高まりそうである。

 そんなエストニアのスタートアップが、国外に出て、他国を中心に活動していきたいという気持ちが日に日に増しているようなのである。

エストニアを出て行きたいスタートアップ

主任! エストニアのスタートアップが国から出て、他の国に移動したいって噂を聞いたのですが、これはいったいどういうことなのでしょうか?

これはどうやら事実のようなんだよね。

っと言いますと?

うん。エストニアのスタートアップと投資家は法律を変更したいようで、民間の有限会社の株式の譲渡を承認、または緩和して欲しいということのようですね。

なるほど。法律的な制約があり、エストニアに残っていると事業を円滑に進めずらい点があるわけですね。

私の知ってる情報では、エストニアスタートアップのEXITは方法は、M&Aしかないようなんだ。だから、ユニコーンとかどんどん出てきてこれからEXIT組も増えてくる中、株式に関する法律にスタートアップ側が物申したくなる気持ちは理解できる。

エストニアの明日の天気も雨の模様って感じだなあ……。

出て行って欲しくないと願う首相

対して、エストニア国家はどう考えているのでしょうか?

エストニア国家としても、勢いのあるスタートアップを失うのはリスクだから、なんとかして国内に止まってもらいたいと思っているようだよ。しかし、多くのスタートアップの拠点はエストニアではなく、国外にあることが現実だ。

そうですよねえ。ちなみに、首相はこの方ですね!


優しそうな人ですね。

よく知っているな。商法に関する法律は民間の会社関連の規制により、エストニアのスタートアップは近隣諸国に比べて困難な立場にかれているようだ。ラトビアやフィンランドなど、エストニアではなく近隣諸国でいくつかの大規模な取引が行われ、お金が国を迂回し、スタートアップの運営に支障をきたすと主張している。お金が外に流れてしまうことが、一番の懸念のようだ。

まとめ

 エストニアからはたくさんのスタートアップが生まれているが、実際ヘッドクオーターをアメリカやイギリスなどに置いていることが多く、これはあまり知られていない。
 エストニアの場合、投資を受けにくかったり、EXIT方法や法律に制限があるため、他国をうまく利用して運営をしているようだ。

エストニアスタートアップカテゴリの最新記事