2020年7月

【番外編】「エストニア人は、みんな英語話せる!」なんて嘘。

英語の話せるエストニア人は確かに多い。しかし、だからといってみんなが英語を話すわけではない。ここは、エストニア、公用語はエストニア語、その次にロシア語である。学校で習っても、使う機会がない人たちは、決して英語が上手いわけではない。

勢いのあるエストニアスタートアップの国外移動の可能性とは?

 エストニアからはたくさんのスタートアップが生まれているが、実際ヘッドクオーターをアメリカやイギリスなどに置いていることが多く、これはあまり知られていない。  エストニアの場合、投資を受けにくかったり、EXIT方法や法律に制限があるため、他国をうまく利用して運営をしているようだ。